スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jingoji Temple

Category : 京都周辺

京都市右京区 神護寺

 先々週に引き続き、京都の寺院の風景を紹介する。これは京都の西北の山あいにある神護寺(じんごじ)というお寺だそうだ。僕が自分で訪門して撮ったわけでなく、例によって京都住まいのいとこが撮影して送ってくれたもの。
 その昔、中国(唐)から帰国した弘法大師(空海)が10年以上もここで住職をしていたという格式のあるお寺らしい。
 日光に照らされた新緑の木々が若々しく光り輝いて、歴史を重ねたお寺の建物と心地よいコントラストになり目を楽しませてくれる。




















 どちらかといえば秋の綺麗な紅葉の方で有名なお寺だそうだが、それよりも新緑の清々しい空気と景色を求めてこの時期に訪問するあたりが、さすが京都人というところ。これら以外にも何枚かこの寺の写真を送ってくれたため、遠くに居ながらこうして京の山寺の雰囲気を少し味わうことができて有り難かった。
スポンサーサイト

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

Daigoji Temple

Category : 京都周辺

京都市伏見区 醍醐寺

 今回は出雲地方の写真をお休みして、京都の優雅な桜景色を紹介する。この写真は現地で新聞記者として活躍するいとこの作品、当分の間旅に出ることはできない状況なので、せめて写真で古都の春景を見たくなり、また無理を言って送って貰った。これは醍醐寺という世界遺産のお寺だそうで、かつてあの太閤秀吉がここで盛大な花見の宴を催したことでも有名だという。さすがに古都の由緒ある寺の桜だけあって、華やかさのなかにもどこか厳かな品格を備えているような気がした。









 言葉もないくらい立派な枝垂れ桜?に目を奪われた。木の高さにも驚きだけど、全身のすべての枝にこれほど多くの花を同時に咲かせることができるこの桜の力を凄いと思った。秀吉が見たのもこんな桜だったろうか。いつか実際に見物してみたいものだと思った。

テーマ : 花と風景の写真日記
ジャンル : 写真

By the Lake

Category : 京都周辺

琵琶湖岸

 日中のほとんどの時間を事務所屋内での事務作業についやす毎日のため、季節の変化にも鈍感になりがちだけど、昨日の夜風の暖かさにはさすがに春の訪れに気づかされた。

 今日の写真は京都に住む従姉妹の作品で、僕の求めに応えてまた写真を送ってくれた。琵琶湖のほとりで羽を休めるユリカモメたちは、穏やかな日差しを受けて心地よさそうに見える。日頃は琵琶湖から京都方面の空を往復しているらしい。ちなみに以前、京都市から琵琶湖南岸の滋賀県大津市までは意外に近いと聞き、地図を見て納得したのを思い出した。



 普段は鳥をじっくりと観察する機会もあまりないが、こうして静止画像で見ると胸元の純白の毛並みが美しく、まるで置物のような雰囲気がある。



 恥ずかしながらまだ琵琶湖を訪れたことはなく、一度行ったみたいと思うが、写真を通して湖を眺めているような新鮮な気分も少し味わった。忙しい中写真を送ってくれた従姉妹に感謝したい。

テーマ : 癒される写真
ジャンル : 写真

Hogonin Temple

Category : 京都周辺
宝厳院1
京都 宝厳院

 昨日に引き続き紅葉の写真を紹介する。今日の写真は僕が撮ったものでなく、京都に住む従姉妹が撮影して送ってくれた京都嵐山にある宝厳院(ほうごんいん)の紅葉の様子。宝厳院というのは雲龍画で有名な天龍寺の塔頭の一つらしい。
 今年ははずれ年とのことだけど、さすがに日本人なら誰もが憧れる嵐山の紅葉、上品な風格を感じる。

宝厳院2

宝厳院3

宝厳院4

 便利な時代になったもので、離れた場所の写真もネット経由で送ってもらえば瞬時に手に入れることができる。出雲にいながらにして嵐山の秋を垣間見させてくれる嬉しい贈り物だった。

テーマ : 紅葉
ジャンル : 写真

プロフィール

Tomo

  • Author:Tomo
  • Author : Tomo
    長崎生まれの出雲人

    Pictures and
    Occasional thoughts

    使用機種:
    Nikon D5000
    iPhone4など

    Link free
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。