スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sakura Blossoms

Category : 出雲の街

出雲市 一の谷

 出雲の桜もいよいよ満開となった。この写真を撮った昨日(7日)はこのとおり澄んだ青空だったのだが、土日は濃厚な黄砂に見舞われて晴天なのに太陽さえもぼんやりとしか見えない状況が続いた。土曜の未明から吹いた強風が遙か中国大陸から大量の黄砂を運んできたのだという。視界の悪さといい車に付着する汚れといいまったくありがたくもない飛来物だけど、これも自然現象だから仕方ないかと・・。日差しが弱く青空も見えないため満足できる写真など望むべくもなく、今回は残念ながら松江城と木次町の桜写真は取りやめるしかなかった。





 出雲市を見下ろす一の谷公園でもささやかな桜祭りが行われていた。




長崎さるく博'06について

 ところで、この4月から長崎で「長崎さるく博'06」なる催しが開幕したのをご存知だろうか。「さるく」というのは長崎弁で「ぶらぶら歩き回る」という意味。この催しは文字通り長崎の街をぶらぶら歩き回って観光を楽しみながら街の歴史や文化に触れようというもの。単に観光目的のものから、郷土史を学習しながら街を歩くような上級者向けのものまで色々なコースが設けてあり、参加者は事前にコースを選び、ガイド付きで街を歩くことができるようだ。
 ご存知の通り長崎はかつて閉ざされた日本のなかで唯一西洋・中国文化を受け入れた場所であり、キリスト教の布教と迫害、被爆という戦争の惨事など、多様で劇的な運命を負い、それらをすべて飲み込んで発展してきた特殊な街だ。だから街の至る所にそれらの歴史を物語る名所旧跡が存在し、訪れる人の心を惹きつける。さるく博はそんな長崎の街そのものを博覧会の会場として、特徴的な歴史のなかで醸成されてきた街の魅力を人々に堪能してもらおうという長崎らしい催しだと思う。長崎出身者の僕としても、是非このイベントを体験してみたいが、税理士試験が終わる8月まではそんな余裕はなさそうなので、秋頃にでも行ってみようかと目論んでいる。この機会に多くの人が長崎を訪問し、郷土に親しんでくれることを願う。
(興味のある方は左上で動いている「さるく博」のロゴをクリックして公式サイトをご覧下さい。)
スポンサーサイト

テーマ : 長崎
ジャンル : 地域情報

Comment

素晴らしく満開ですね^^ こちらは花どころか緑さえみえないので、とても癒されますw
「長崎さるく博'06」 はじめて耳にしました。色んなコースが設けられているところに、力のいれようを感じますし、それだけ見るものが多いということで、長崎の魅力の大きさを物語っているようで素敵ですね^^

まるさん

北海道はまだ緑もないほど寒いんですか。
そちらで桜が咲くのはいつ頃でしょうね。

さるく博の記事読んで頂きありがとうございます。
そちらからだと、長崎は遠すぎる場所ですかね。
だけどとても心躍る街ですよ。是非行ってみてください。
僕は10月に行こうと思ってます。

こんにちは~。
松江城、ダメだったんですね~。
なんだか、噂には聞いてましたが、すごい黄砂なんですってね~。
「さるく=ぶらぶら歩き回る」っておもしろ~い!
普段車ばかりの私にはもってこいですね~。
長崎・・・もっと近ければいけるのに~!!

こんばんは nenepapaです

今年の桜の開花は早いとの情報でしたが
我が桜と同じ開花時期だったようですね

長崎も歴史を物語り、ランタン祭りに出かけた事が
あります、比較的近い場所に住んでいるので
色々と踏み込みたくなってきました。

さくら

さくらに黄砂・・
春になったことのお知らせでしょうか

「長崎さるく」は新聞に載ってました
tomoさんの仰るように
いろんなことを味わったのが
長崎ですね 悲しいことが多い
ように思えます

さいたまから長崎へ・・
いいですねぇ

kuronekoさん

そうなんです。松江城キャンセルしてすみませんでした。
黄砂のせいで視界が悪いのもあったし、遅れている
勉強から心理的圧迫を受けていた(笑)のもあって、
松江まで足を伸ばせませんでした。遠くもないですけどね。

北海道から長崎は遠いですが、海外から見れば
小さな日本ですし、飛行機で行ってみられては?
さるく博は10月まで開催されいるようです。
長崎は僕の生まれ故郷ですが、魅力ある街です。

nenepapaさん

出雲の桜は今まさに満開ですが、週末までは
もたないかも知れません。ほんとに桜の花は
儚いですね。

ランタンフェスティバルに行かれたんですか、
僕はまだ行ってないので羨ましいですね。
ランタンは被写体としても素晴らしいと思います。
nenepapaさんは北九州だったでしょうか。
僕は長崎生まれで、福岡にいたこともあります。
九州は自分の原点のような気がしてます。
長崎さるく博、是非行ってみてくださいね。

tonkoさん

こんばんは。
桜はやはり綺麗ですね。華やかさと儚さの両方を
持つ花、そこに魅力があるのでしょうね。
今日の雨で黄砂は消えましたが、土日は近くの山も
見えないほど真っ白でした。

長崎ほど特徴的な運命をたどってきた街はないと
思います。東西の文化の交わる華やかな街ですが、
おっしゃるように悲しい出来事もたくさんあった街ですね。
そういう歴史を乗り越えてきた長崎の今を見に、
また秋頃に行ってみようかと思っています。
tonkoさんも是非訪れてみてくださいね。

なつかしの一の谷公園、ありがとうございました。
被写体の桜の木の場所もなんとなくわかります。
人間の記憶力って結構すごいものですね。
黄砂は、空がうす黄色になりますよね。
学校の机が砂でざらついたのを思い出しました。
あの頃はどこでもそうだと思っていたのだけれど、
他の地域では、なかなかわかってもらえません。
砂と一緒に有害物質も運ばれてくるのでしょうか。

長崎、いいですねえ。さるく博テレビで見ました。
これまで横浜、神戸と転居していますので、
次は長崎かもしれないなあ。

雪国の出雲にも、
春爛漫の桜の季節がやってきたのですね^^v
きっと春の喜びも、ひとしおのことでしょうね。
青空に咲き誇る桜、とても綺麗です。

”さるく”という言葉、昨年長崎を旅した時に、
あちらこちらで見かけました。
今年の夏も、長崎行きたいなぁ~^^;

camonenさん

こんばんは。一ノ谷の桜、たくさんは載せられなかったですが、
楽しんで頂けましたか。
今はまだ見頃ですが、週末まではもたないと思います。
さくらはやはり儚いものですね。
市民会館前の桜も、特に見事でしたよ。
2日間の雨で、黄砂もすっかりなくなりました。

横浜→神戸ですか、どちらも洒落た港町ですね。
長崎はそれほどの大きな街ではないですが、
やはり入り組んだ港があるのが特徴で、
何度も歴史の表舞台に登場した不思議な街です。
ちなみに僕の生まれ故郷でもあるのですが・・。
是非イベント期間中にさるいてみて下さい。

マロンさん

出雲もすっかり暖かくなり、今日なんかスーツの上着も
脱ぎたくなるぐらいの気温でした。
春の花のなかでもさくらはやっぱり別格ですね。
落ち着きながら華やいだ気持ちになれる花だと思います。
男としては散りゆく潔さにも惹かれたりします。(笑)

夏の長崎ですか、いいですね。
さるく博もちょうど佳境に入った頃だと思いますし、
精霊流し、ペーロン、平和記念式典など、もちろん
さださんのコンサートもあったりして、長崎がとても
活気づくときです。だけど暑さも半端じゃないですけどね。(笑)
是非今年も長崎へ行ってみてくださいね。
撮りたくなるものがたくさん待ってると思いますよ。

黄砂って大変そうですね!
私は大阪ですが、あんまり黄砂って感じたことないです!

BENELOPさん

コメント有り難うございます。
黄砂はこの山陰地方に毎年飛んできます。
少し遠くの山はすっかり見えなくなることもあります。
写真好きにとってはやはり困ったものです。
大阪までは飛んでいかないのかも知れませんね。
非公開コメント

プロフィール

Tomo

  • Author:Tomo
  • Author : Tomo
    長崎生まれの出雲人

    Pictures and
    Occasional thoughts

    使用機種:
    Nikon D5000
    iPhone4など

    Link free
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。