スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Place of Art

Category : 松江の街

松江市 ルイス.C.ティファニー庭園美術館

 初めて松江のティファニー美術館を訪れた。前から一度行ってみたいと思いながらこれまで果たせなかったが、親戚の来訪によりついに先日その機会を得た。
 この美術館が宍道湖畔に開館したのは数年前。見事なイングリッシュガーデンとルイス・ティファニー氏の芸術作品を鑑賞することができる。外観も庭園も、そして展示物もすべてが洗練されていて、一歩中に入るとまるでヨーロッパの静かな街の美術館に来たような気分だった。




 ルイス.C.ティファニー氏はあの有名なニューヨークのティファニー宝飾店の2代目として生まれながらヨーロッパに渡り、芸術家・事業家として活躍した人物。後にはティファニー社の経営にも参加している。
 19世紀アールヌーヴォー様式の上質な美術品を数多く制作し、その作品は絵画、ステンドグラス、花瓶、ランプ、ジュエリーなど12の分野に及ぶという。
 このウィンドウ(ステンドグラス)だけでなく、多くの作品には当時西欧の芸術家たちに大きな影響を与えた日本美術の特徴が見られる。




 女性でなくても惹かれてしまいそうな宝飾品がたくさん展示してあった。ヨーロッパの貴婦人たちの人気を集めたことだろう。




 美術館にはこんな温室も併設されていて、植物園に来たような気分にもなる。今回は撮っていないが敷地内には綺麗なチャペルも建っている。




 庭園からは宍道湖を一望できる。時間が経つのも忘れそうな心地よい場所。




 美術館の外に咲いていた百日紅。この優雅な花を見ると心が晴れる。
 ティファニー美術館は現在経営上の問題もあるようだけど、水の都松江市を彩る美の発信地としてこれからも存続して欲しいものだ。
スポンサーサイト

テーマ : 島根県
ジャンル : 地域情報

Comment

あたしもちょうど、先週行ったんですよ★ティファニー美術館!県外から友達が来たのを機会に、初めて。
すごく展示品のボリュームがありますよね。普通に見て回って3時間掛かりました。オパールの贅沢なネックレスの前で何度ため息をついてしまったことか・・!それと、ステンドグラスの見事な光影の使い分けにじっと見とれてしまいました。

近いうちになくなってしまうという話ですよね。本当に残念です。
でも確かに、あたしが行ったときは、土曜日だというのに人が少なかった・・。
 

宍道湖もなんだか異国の地の風景のよう。
tomoさんの写真はいつも気持ちが落ち着きます☆

あささん

ティファニー美術館行ったんですか!?あささんとはどうも
行動パターンが似ているようですね。(笑)
前にエミール・ガレの作品展を見ましたが、ティファニーの
芸術はそれよりも遙かに上品に見えました。
美の追究に人生を費やした人物の迫力ですね。

ロケーションも最高なのになくなってしまうのは寂しいです。
存続して欲しいものですね。

kuronekoさん

ありがとうございます。
水辺の風景はやっぱり落ち着く感じですが、
特に宍道湖畔の風景は、何度見ても飽きません。
次回は宍道湖の夕日写真を載せようと思うので、
またご覧下さいね。

 素敵な場所ですね~・・・ためいきがでます。こういう贅沢な空間が、存続しにくいというのは、さびしいこと;;
 ティファニー氏のステンドグラス、初めて拝見しましたが、なんて繊細で、印象的な色合いでしょう。
 才能がきらめいて、まぶしいですw いつも、いい写真をありがとうございます^^

まるさん

ティファニー美術館にはほんとに予想以上の魅力がありました。
存続の危機にあるのは悲しいです。
ステンドグラスはこの写真以外にも10枚くらいありましたよ。
写真で紹介できないのが残念です。是非一度
来てみてくださいね。

非公開コメント

プロフィール

Tomo

  • Author:Tomo
  • Author : Tomo
    長崎生まれの出雲人

    Pictures and
    Occasional thoughts

    使用機種:
    Nikon D5000
    iPhone4など

    Link free
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。