スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア旅行記Ⅸ (アムス~帰国)

Category : イタリア旅行記
《帰国の朝》
 6月16日、いよいよ帰国の日が来た。午前中に再びアムステルダムを散策した。












《盗難寸前!》
 午後になり、ついにアムステルダムにも別れを告げて、スキポール空港行きの列車に乗り込んだ。無事に旅を終える安心感から、僕はカメラを列車の窓下にあるテーブルに置いて、景色を眺めていた。列車はとても空いていて同じ車両には離れて2人ほどが乗っているだけだ。オランダの列車はとても快適、イタリアと違って車内アナウンスもあり親切だ。





 スキポール空港のひとつ手前の駅に列車が停まった時、ある事件が起きた。駅のホームにいた中年の男が外から僕の座席の窓をたたき、窓を開けてくれるように頼んでいる。何だろうと思いながら窓を開けると、英語で「この列車は空港行きか?」と、わかりきった質問をしてきた。しかし僕が「そうです。」と答えるよりも早く、その男は立ち去ってしまい、列車は何事もなく動きだした。何だったのだろうと思ったが、あまり気にも留めずにいると、やがて今度は列車の乗務員が声をかけてきた。検札かと思い切符を出そうとしたが、そうではないらしい。

乗務員:「ひとつ前の駅で停車したとき、あなたの後ろに男が潜んでいましたよ。」

僕:「えっ!」

乗務員:「あなたのカメラを盗もうと狙っていたんです。」

僕:「えっ、本当ですか?」

乗務員:「本当です。何も盗られていませんね。」

僕:「はい、大丈夫です。」

乗務員:「では、気をつけてくださいね。」

 どうやら僕がホームの男に気を取られている間に、車内にいたもう一人の仲間の男が背後から僕のカメラを狙っていたということらしい。たまたま僕があまり外に身を乗り出さず、しかもカメラのストラップに少し手を掛けていたため、背後の男は盗みを断念したようだった。事なきを得て本当によかった。カメラの中には旅路で撮影した約600枚の写真入りのメモリーカードが入っていた。もしそれを盗られていたらと思うと、身の竦む思いだった。旅を終える直前に遭遇した予期せぬ危機だった。




《旅を終えて》
 アムステルダムのスキポール空港から約11時間で、飛行機は無事に関空に到着し、ついに僕の旅は終わった。出雲への帰路、10日ぶりに見る宍道湖の風景をなにか懐かしく感じながら、この旅を想起した。
 イタリアでもオランダでも、その風景のすべてが、初めて触れる新鮮な感動とともに僕の目に飛び込んできた。僕の生まれるずっと前から、そしてこれまでの自分の人生に並行して、知らないところで存在し続けてきた街や風土や人々の暮らしに、初めて関わりを持つ不思議で刺激的な体験の連続、ひとことで言えばそんな旅だったというか、旅とはそういうものだろうと思う。またいつかこんな旅をすることができるだろうか・・。長い間狭い地域で仕事と受験に追われて閉ざされた生活をしてきた僕にとっては、ことさらに広い世界を感じた旅だった。そしてまだ僕が関わりを持っていない土地や文化や人々が、この地球の至るところに存在している。これからどれくらいそれらに触れることができるだろうか。その体験をすることができる唯一の手段、それが旅だということに改めて気づいた貴重な10日間だった。



 旅は人生をより豊かなものにしてくれると思う。日本でまた始まった日常の暮らしの中にあっても、そのことは忘れないだろうと思う。

 《 おわり 》

2007/7/1 Tomo

スポンサーサイト

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

Comment

はじめまして。
どこから辿り着いたか忘れてしまいましたが
ずいぶん前から拝見させていただいています。
今回の旅のレポート、
本当に楽しく興味深くドキドキしながら見せてもらいました。
わたしも旅に出たくなりましたよ。
写真もTomoさんの感動が伝わってくるような
そんな写真ばかりでした。
カメラ盗られなくて本当によかったですね。
これからも出雲の風景、楽しみにしています!

こんばんは^^

ゆっくり、写真と旅のレポ、
辿って参りました~♪
素晴らしい写真と共に、
Tomoさんの感動もすぐ身近に
感じられるような気がしました~♪
カメラが無事で、ほんとに何よりでしたね^^
親切な人との出会いも、また嬉しいね^^

旅っていいなぁ~♪
若いTomoさんが今回の旅で得られたことは、
長い人生の中でも、
きっと大きな意味を持っているのでしょうね^^

私はきっと日本旅行しか出来ないと思うけど^^;
カメラを持つようになってから、
旅の醍醐味が少し分かるようになりました~♪
カメラと共に、見聞を広めていきたいなぁ~^^

素敵なレポートを、ありがとうございました。
そうして、どうもお疲れさまでした~♪

ごんさん

ごんさん、はじめまして。
アクセス&コメント、ありがとうございます!
長く取りとめない写真と文章ですが、
旅行記、読んでいただいて嬉しいです。
少なくても興味を持ってこの記録を読んでくれる
人がいると思うと、書いてよかったと感じます。

旅慣れない僕にとっては冒険旅行のような
もので、何度か危ない目にもあいましたが、
カメラ泥棒も断念してくれましたし、(笑)
終わってみると、素晴らしい旅だったと思います。
ぼちぼち出雲写真散歩を再開しようと思いますので
また寄ってもらえると嬉しいです。では。

マロンさん

こんばんは。最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
写真をたくさん掲載しすぎて重たかったでしょ。(笑)
自分のパソコンでもなかなか画面が開きませんでした。(笑)
この旅での僕の感動を身近に感じてもらえるなんて、
嬉しい限りです。
本当に素晴らしい旅でしたよ。

カメラが無事で、ほんとに良かったです。
マロンさんならこの安堵を分かってもらえそうですね。
写真がなければ、この旅行記も味気なくなってたから。
写真を撮るという目的があれば、旅の感覚も新鮮ですね。
またいつか必ず、こんな気ままな旅をしてみたいと思います。

今後は日常ブログに戻りますが、またどうぞよろしく。
非公開コメント

プロフィール

Tomo

  • Author:Tomo
  • Author : Tomo
    長崎生まれの出雲人

    Pictures and
    Occasional thoughts

    使用機種:
    Nikon D5000
    iPhone4など

    Link free
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。