スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージーランド旅行記4

Category : ニュージーランド旅行記
《ウェリントン》

 12月29日の午後、オークランド空港を飛び立った飛行機はおそよ1時間で首都ウェリントンに到着した。ウェリントンは、ニュージーランドの北島の南端に位置し、一国の首都だというのに、人口は18万人ほど。同じぐらいの国土面積を持つ島国である日本の首都東京とのあまりの違いに驚いた。それもそのはず、ニュージーランド全体の人口は約427万人、日本の30分の1ほどなのだから。人が少ないのはニュージーランドの魅力のひとつかもしれない。のんびりしていて落ち着いた国だ。




ホテル前




 街には路面電車ならぬ電気バスが走っている。



 海に向かって歩く・・・。



 この道を渡れば埠頭がある。



 真夏の海を渡る爽やかな風が心地よい。少し日差しがきつかったかな。岬の向こうには空港がある。



 港に臨む斜面に折り重なるように建つ家々を見ると、僕の故郷である長崎を連想してしまう。こんな南の島に、長崎のような街があるとは・・。にわかにウェリントンへの親しみのような感情が湧いてきた。



 マリンスポーツもニュージーランドの魅力のひとつらしい。インドア人間である僕にはまったく縁がないのだけど・・・。



 スコットランド風の衣装を身に着けて特徴的な笛を吹いている芸人のおじさん。なぜウェリントンに!?

 埠頭の近くにある巨大な国立博物館を見学して、ウェリントンの1日目を終えた。街を歩いていてそれほど疲れないのは、やはり人が少ないからだろうか。大きな街でも人ごみに揉まれることなく風景や建物を観察できるのは快いこの国の特徴だと気づいた。

 
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

Comment

非公開コメント

プロフィール

Tomo

  • Author:Tomo
  • Author : Tomo
    長崎生まれの出雲人

    Pictures and
    Occasional thoughts

    使用機種:
    Nikon D5000
    iPhone4など

    Link free
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。