スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージーランド旅行記5

Category : ニュージーランド旅行記
《ウェリントン》

 12月30日、ウェリントン2日目は朝からケーブルカーに乗って丘の上の植物園を訪れた。平地が少なく、港を中心に立体的な構造を持つ街という面でも、やはり長崎と共通しているのが面白い。


 埠頭の近くと高台の住宅街とを結ぶこの赤いケーブルカーは、100年もの歴史を持つのだそうだ。



 頂上の駅からの景色。



 夏の日差しに包まれる港が美しく見える。



 このアングルでファインダーを覗いていると、やはり長崎にいるような快い錯覚に満たされる。



 高台の斜面に沿った住宅街。どんな暮らしをしているのだろう・・。日本と違って、ゆったりと優雅な時間が流れている。



 自然の爽快な空気に包まれながら植物園の中を歩いた。



 ニュージーランドにも日本とまったく同じアジサイが咲いていた。



 いつまでも座っていたくなるような植物園内のオープンカフェ。



 さっきのアジサイやこの睡蓮など、日本を思わせる植物もあり、長崎に似たウェリントンの景色もあいまって、妙な心地よさを感じてしまうひとときだった。

 植物園内の芝生に寝転んで青空に浮かぶ雲を見ていると、母国から遠く離れた南の島に来ていることを忘れてしまいそうな心境に駆られた。胸中には複雑な思いも抱えているのに、同時に平穏な気持ちに包まれるという不思議な体験だった。
 2日間の短い滞在だったけどウェリントンという街は、決して強烈ではなく柔らかに僕の心に快い印象を残してくれた。この海の匂いのする小さな首都は、これからもほんのりと僕の記憶を彩るのだと思う。




スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

Comment

非公開コメント

プロフィール

Tomo

  • Author:Tomo
  • Author : Tomo
    長崎生まれの出雲人

    Pictures and
    Occasional thoughts

    使用機種:
    Nikon D5000
    iPhone4など

    Link free
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。