スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージーランド旅行記(番外編/シンガポール)

Category : ニュージーランド旅行記
〈シンガポールの写真散歩〉

 1月2日、ニュージーランドでの全行程を終えて、僕は帰国の途についた。とはいえ、シンガポール航空でのフライトのため、当然ながらシンガポールでの乗り継ぎとなる。深夜、オークランド空港を飛び立った飛行機は、翌朝7時ごろシンガポールのチャンギ空港に到着した。乗り継ぎ便のフライト時間はその日の夜11時ごろだったので、なんと16時間もの間隔がある。そこで、僕はチャンギ空港を出て、シンガポールの街を歩いてみることにした。早速入国手続きを済ませ、電車の一日周遊券を買って、カメラバッグを片手に僕はシンガポール市街地行きの列車に乗り込んだ。



 City Hall駅で下車し、いよいよ初めてのシンガポール写真散歩のスタートだ。



 まるで、東京か大阪にでも来たのかと思うほどの、近代的な高層ビル群が現れた。それにしても暑い。まだ朝8時ごろだというのに半袖シャツでもしばらく歩いていると汗がにじんでくる。




 シンガポール、これほどの大都市とは思わなかった。街としての機能が充実していて、洗練された雰囲気すら漂う。




 シンガポールといえばこのマーライオンが有名。ライオンと人魚を組み合わせたという姿がなんとも滑稽で親しみを覚えてしまった。




 横顔もわりと素敵だ。




 シンガポールは、かつてイギリスの植民地だったこともあり、英語が公用されているが、ほかにも多様な言語が飛び交っている。人種も様々だけど、やはり東洋系アジア人が多く、日本人としてはやはり親近感がある。



 猛暑のなか国立博物館に足を運んでみた。なんと入館料は無料で、館内は冷房ががんがん効いていて暑がりの僕にとってはこの上なく快適だった。
 ここではシンガポールの歴史に関する展示が充実していた。僕は恥ずかしながら、この展示を見るまで、かつて日本軍がシンガポールで行ったことを知らなかった。日本軍は1942年、イギリスの植民地であったシンガポールを攻略し、短期間での制圧に成功した。その後はこの地を「昭南島」と名づけ、1945年の敗戦まで日本式の植民地支配を布いた。「抗日」の考えを持つと思われる住民を捕らえては拷問や虐殺という蛮行を行ったのだという。写真、映像、音声、物体など、多様で豊富な展示物により当時の様子が克明に語られ、一人の日本人として僕は悲しい気持ちにさせられたのだった。



 地図上にチャイナタウンを見つけたので、早速行ってみた。











 チャイナタウンの賑わいは正直想像をはるかに超えていた。神戸や長崎の中華街を何倍にも膨らませたような規模と賑わいに驚いたのだった。さすが中国系住民が多いシンガポールだ。



 たった一日のシンガポール散歩だったが、街や住民の表情を間近に感じることができたのは素晴らしい体験だった。多様な言語を話す多様な種類の人々が、このシンガポールでの日常を過ごしている。日本人である僕とはまったく関係のないはずのここで暮らす人々の人生の一部を少しだけ垣間見たような不思議な満足感に浸りながら、僕はチャンギ空港に帰る列車に乗り込んだ。

 シンガポールを1月3日の深夜に飛び立った飛行機は、翌4日の朝8時ごろに名古屋空港に到着した。ニュージーランド、シンガポールと、2カ国にわたる小旅行が終わった。旅はいつも、日常に埋もれてなにか大事なものを失いかけていた心に鮮烈な彩りと感情の高ぶりをもたらしてくれる。
 今回の旅では、過去2回のヨーロッパ旅行とはまったく種類の違う深い印象がこの心に刻まれた。どんなに時が経っても、失うことのない記憶だと思えた。

〈おわり〉


スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Lisaさん

お久しぶり。元気そうですね。
軍艦島はいよいよ上陸作戦を始めたようですね。

最近、ほんとに更新を怠っています。
再開しようとは思ってるのですが・・・。
近々、桜の写真でもアップしますね。
非公開コメント

プロフィール

Tomo

  • Author:Tomo
  • Author : Tomo
    長崎生まれの出雲人

    Pictures and
    Occasional thoughts

    使用機種:
    Nikon D5000
    iPhone4など

    Link free
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。