スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎原爆の日

Category : 平和主義
広島に続き、長崎も被爆60年の日を迎えた。先日某番組で、当時原爆投下を提唱したアメリカの博士が最近広島を訪れて、原爆で家族を亡くした被爆者2人と会談する模様を紹介していた。
「一言悪かったと謝って欲しい。」という被爆者の言葉に、
「戦時中は日本国民すべてが罪人だった。原爆投下は間違っていなかった。私は謝る気など毛頭無い。」と博士は答えた。
加害者と被害者の線引きをすることが難しいというのが戦争の性質であり、責任が一方にだけ集中しないのは確かだと思う。だけど私たちと同じように日常の中で悲喜や愛情を持ち、希望を持って生きていた善良な住人たちをゴミのように焼き殺したり、放射能汚染による悲惨な死を与えることが正しい行為であるはずがない。
虐殺者の多くは謝罪の心を持つことがなく、本当に残念に思う。私は長崎に生まれた者として、原爆によってこの街で命を奪われた人々、虚しく残された人々の苦しみについて考えることを忘れてはいけないと思う。

広島原爆の日

Category : 平和主義
今年は戦後60周年だという。
広島では朝から平和記念式典が行われていた。黙とう中に鳴らされた鐘の音を聞きながら、60年前のこの日の惨状を想像した。
もちろん私は戦争を知らない世代だが、広島と長崎の両方での生活を経験したこともあり、この8月は特別な月だ。
日本が戦争を起こしたことは確かで、その報いは受けるべきだったと思う。だけど核兵器により民間人を無差別に殺戮することを正当化できるはずがない。その埋めようのない矛盾をどう解釈していいのか、今の私にはまだ分からない。
プロフィール

Tomo

  • Author:Tomo
  • Author : Tomo
    長崎生まれの出雲人

    Pictures and
    Occasional thoughts

    使用機種:
    Nikon D5000
    iPhone4など

    Link free
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。